うえこーのぶろぐ

数学/物理/哲学/講演会のまとめ/感想

2019-04-05から1日間の記事一覧

【読書の学校】鈴木 晶×岸見 一郎『フロムに学ぶ「愛する」ための心理学』刊行記念トークイベント フロムの「愛」とアドラーの「勇気」に学ぶ(2019/3/24 at蔦屋書店)

フロムは現代の古典 新フロイト派 ライヒはマルクス主義の影響を受けている。 ドイツ国民の心理からナチスドイツを説明した。 禅で有名な鈴木大拙と関係がある。 鈴木晶さんは前の翻訳が悪かったので翻訳し直した。 (岸見)フロムとの出会いは高校生。 基本原…

森田真生講演会「計算と無常」(2019/2/23 at 練心庵)

キリスト教全盛期は知らなかったことを知るというより、今まであったものを知ることが大事だった。 それに対して、科学の時代はなかったものを知ることが大事だ。 誰一人考えたことのないことを考えると狂気と区別がつかない。 遅れが学びの本質の一つ。学ぶ…

【読書の学校】橋本幸士 × 伊勢田哲治 × 宮野公樹トークイベント「学問2.0~交錯する理系知と文系知」第3回 ~学問は役に立たないといけないの?役に立つの?いやそもそも役に立つってどういうこと? (2019/2/16)

(宮野)本勧めるのはあまり好きではない。 (橋本)学生時代、あまり意味もない科学哲学が好きだった。 価値があるにはよりそれの前提の価値がいる そして最終的に真理、美そのものに価値が見出せる。 (宮野)価値は存在自体 (伊勢崎)文系理系という言葉はまずい…