うえこーのぶろぐ

数学/物理/哲学/講演会のまとめ/感想

この日の学校~生命の時代の「新しい生活」に向けて~(森田真生・甲野善紀)

若者に影響がないならもう少し社会を回してもいいのではないか.(甲野)
自分が生きているのが他者とどのような関係になっているかを考える.

T.Morton 「過去が未来を喰っている」(森田)

人間と動物が同じところに立っている.

人間だけでなく人間以外の存在との交流を大事にする.

CO2などの測れるものをゼロにするという目標をたてることそのものが暴力的
[「規則正しいレイプ」と地球の危機,藤原辰二(現代思想2020年3月所収)](森田)

「暴君」のような正しさ(甲野)

『ガチガチの世界をゆるめる』澤田智洋 
スポーツをルールから解放し,正しさから解き放たれる.
生物の多様性があった方が得になるスポーツがあれば良い.

地面では生と死が半々である.つまり生の次に死があるのではなく,本当は生と死はまじりあっている.(森田)

人生のまとめ,定まりながら自由(甲野)

尽未来際 今まで途絶えたことのない生命として生きる.

持続可能性は新自由主義を持続させることのみの意味しかない.
そもそも持続させようとするのは生命の循環に見合わない.(森田)

現実を予測と合わせるのではなく,予測と現実がどれだけ違うかを見るのが大事.
今社会では予測と現実の違いが発覚しないようにしている.

シカや虫と向き合うのと同じように人間と向き合うと,互いに許しあえる関係になれるのではないか.
人に命令されるのは苦手だが,自分に命令(意識的に体を動かす)のも苦手

ガチガチの世界をゆるめる

ガチガチの世界をゆるめる

  • 作者:澤田 智洋
  • 発売日: 2020/09/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)