うえこーのぶろぐ

数学/物理/哲学/講演会のまとめ/感想

森田真生×瀬戸昌宣「学びの未来座談会第10弾」

森田
特に根拠もなく去年全国で休校が決まった.
空気で物事が決まっていく危険性.
「学びの未来」では大人が学んでいて,子供もそれに加わっている.
千松信也『自分の力で肉を得る』『僕は猟師になった』
自分で食べる肉は自分で捕る.
一時,肉を売っていたが,ビジネスで猟をすることに疑問を感じた.

瀬戸
根本から何かを学ぶという機会がない.体系だって学んでいる.
小川三夫『不揃いの木を組む』

森田
『数学する人生』を書いた後,岡潔に染まりすぎたので.
今書いている本ができるまでは岡潔を読まないようにしてきた.
一日一日をどう暮らすか
生き方を組み立てるか.

瀬戸
学びで集う.

大人も学び続けなければならない,という話をしても
ピンとこない人もいる.

森田
第3回こみゅにてぃわの話 
40歳で農業を始めた安孫子さんの話.このような人が増えると良い.
キャリアを積むというのではなく,人生の生き方.

瀬戸
宿題をやらなくても良いと子供にはいうが,子供は先生に
起こられたくないのでやる.

森田
オードリー・タン『自由への手紙』

瀬戸
学校に待つという選択がない.

瀬戸
二律背反を抱き込める.
支配は齟齬から生まれる.
昔,ドキュメンタリーを撮られることがあったが,そのときのプロデューサーが
撮りたいものしか撮らなかったので喧嘩した.

森田
養豚場の非人情的な育て方
生産の際に感じあう関係を構築する.

瀬戸
経験的に鏡を見る習慣がないと一気に崩れる.

森田
自分が死ぬときに「生きていてよかった」と思えるように準備する.
ただ長く健康に生きるのは善ではない.順番を気持ちよく巡らせる.
頭の良い人たちが一生懸命スマホに人が集中するように努力しているおかしな時代.

森田
限られたリソースを火星移住計画などの欲望を掻き立てる方向に使っても良いのか.

瀬戸
現状の卑怯さに加担してしまっている.

森田
人間も生命の網目の一部ととらえ直すとただ長生きすることが良いこととは思わなくなる.
『教養の書』本を読む行為を続けることに意味がある.
鎌田くんも本屋は本があるという状態を維持するためにあるという話をしている.

森田
養老先生曰く「今あるのは原因じゃなく,結果.原因は30年前にある.これからどうするかが,30年後の原因になる.」

自分の力で肉を獲る  10歳から学ぶ狩猟の世界

自分の力で肉を獲る 10歳から学ぶ狩猟の世界

  • 作者:千松信也
  • 発売日: 2019/12/23
  • メディア: 単行本
 
ぼくは猟師になった (新潮文庫)

ぼくは猟師になった (新潮文庫)

  • 作者:千松 信也
  • 発売日: 2012/11/28
  • メディア: 文庫
 
不揃いの木を組む (文春文庫)

不揃いの木を組む (文春文庫)

  • 作者:小川 三夫
  • 発売日: 2012/03/09
  • メディア: 文庫
 
数学する人生 (新潮文庫)

数学する人生 (新潮文庫)

  • 作者:潔, 岡
  • 発売日: 2019/03/28
  • メディア: 文庫
 
オードリー・タン 自由への手紙

オードリー・タン 自由への手紙

  • 発売日: 2020/11/18
  • メディア: Kindle
 
教養の書

教養の書